KESとは

 
Kyoto=京都Environmental Management System=環境マネジメントシステムStandard=スタンダード京都議定書の発祥地、京都から発信された「環境マネジメントシステム」の規格です。

「地球環境問題は人類最大の課題」と、経営のあり方が問われる21世紀の幕開けに、KESは、中小企業をはじめ、あらゆる事業者を対象に「環境改善活動に参画していただく」ことを目的に策定されました。「シンプル」で「低コスト」なKESは、取り組みやすい環境マネジメントシステムとして、現在は4,000を超える事業者が登録しています。また、各地域とも連携し、全国規模で活動しています。 そのため『KES』の名称も冒頭に示した頭文字を取った略号から、現在では固有名詞『KES』として使用しています。

 
img
 
img
 

KES4つのキーワード

1. シンプルなシステム
KES規格は、ISO14001の基本コンセプトと同じ、トップが定める「環境方針」に基づき、管理のサイクル Plan(計画)-Do(実行)-Check(点検)-Action(レビュー)を循環させることによって継続的な改善を図ることであり、ISO14001の中核となる本質的な特長を活かして、用語や規格の内容をシンプルにしたものです。さらに、KESはステップ1とステップ2の2段階のレベルを設定しているため、受審者で選択ができます。
2. 低コスト
KESの審査員はボランテイアベースで運用することとしたため、低コストで審査・コンサルテイングを実施することが可能となりました。
3.「環境経営」の機会を提供する
KESでは、「環境」と言うキーワードによって企業の付加価値を向上させる取組みを推奨しています。したがって、KES審査員には、規格の審査を行うだけでなく、できる限り受審側に「付加価値」を生むよう「受審者と一緒に考える(悩む)」審査を要請しているのもKESの特徴の一つです。例えば、「環境効率」(下式参照)という指標を提起し、環境負荷低減から本来業務の改善を推進することによって、環境改善と共に企業経営にも貢献できる取組みを推奨しています。環境マネジメントシステムを始める段階では、環境負荷や資源使用量という分母を小さくする活動から始まりますが、この取組みは「紙・ゴミ・電気」の活動に象徴されるように「我慢」の要素が強く、従来のムダ使いが改善できるため当初は大きな成果が期待できますが、一定の期間を経過するとそのパフォーマンス改善はいずれ限界に至ります。次に必要なのは生活の質や製品機能という分子を大きくさせる活動で、この活動になると創意・工夫ができるようになり、楽しみのエコ活動になります。

img
4.「地域との共生」の機会を提供する
KESは、民間ベースの審査登録機関であるため制約事項が少なく、地域の特性を活かした取組みが可能で、いろいろな組織で幅広い取組みができます。環境改善のセオリーは「Think Globally, Act Locally(地球規模で考え、地域から行動を)」であると言われています。これを実践するため、多くの地方自治体では、市民生活・事業活動・行政施策すべての連携が必要であると考え、環境施策の実施に当たり市民参加を積極的に推進しています。そこで、KESを審査・登録された企業と地域の学校(学校と保護者=地域住民との強い関わりを活かし)をコンタクトし、地域企業─学校─地域住民を核とする「地域環境コミュニテイ」を構築(これをKESC=KESを媒体とした地域コミュニテイ=と言う)する活動を推進しています。この成果が期待されるため、さらに内容の充実化を図り、多くの地域に広げていく必要があると考えています。
 

環境マネジメント活動の継続的改善が、環境改善を促進させ、
社会貢献の実践とともに、経営力の向上を図ります。

KESの特色

取得の目的
取り組みによって地球の環境改善に結びつけるものです。
適用組織・業種
あらゆる規模・業種の組織(企業・自治体・学校・家庭等)で取り組めます。
 

規格の内容

内容や表現を平易で取り組みやすくし、段階的に取り組める二つのステップを用意しました。尚、規格とは別に取り組みの手順等をわかりやすく説明した「構築の手引き」及び「マニュアル作成サンプル」も用意しています。

 
ステップ1
規模や環境負荷が比較的大きくないところや、環境問題に取組み始めたところに適合。

> ステップ1の取組み手順
 
 
ステップ2
規模や環境負荷が比較的大きいところや、ステップ1からのステップアップに適合。ISO14001とほぼ同じ項目を実行していただきます。

> ステップ2の取組み手順
 
 
ステップ 2SR
ステップ2に「持続可能な発展への貢献を最大化する」ことを目的として発行されたISO26000(社会的責任に関する手引き)の要素を導入し、取組の幅を広げた規格です。

> ステップ 2SRの取組手順
> ステップ 2からステップ 2SRへの移行手順
 
 
ステップ 2En
ステップ2に「エネルギーパフォーマンスの改善」を目的として発行されたISO50001(エネルギーマネジメントシステム)の要素を導入し、取組の質を深めた規格です。

> ステップ 2Enの取組手順
> ステップ 2からステップ 2Enへの移行手順
 
 

構築に向けたサポート体制

  • 構築講座の開催
  • コンサルタントを安価に提供
  • 自己評価員養成講座の開催
 

ホーム > KESとは