トピックス

2014.07.10

第12回京都環境賞の募集が始まっています

第12回京都環境賞の募集が始まっています 京都市が主催する第11回京都環境賞の募集が、平成26年6月16日(月曜日)から9月17日(火曜日)まで行われます。

 5部門の表彰の内、「KES推進賞」については、その名の通り「KES認証取得企業を対象」としていただいています。
 昨年度までは「環境レポート賞」として、環境レポートの作成が要件でしたが、今年度はKESに熱心に取り組み、成果を上げていることで応募できるように配慮されました。

ついては、KES登録企業様各位におかれては、この機会に自社の環境改善活動を棚卸し評価のうえ、奮ってご応募いただくようご案内します。


【評価される活動の例】
 ☆ 紙・ごみ・電気から脱却し、本来業務に直結した環境目標を設定して、成果をあげている。
 ☆ 地域の住民や学校を巻き込んで環境改善活動を展開している(KES-C)。
 ☆ 環境改善目標に地域貢献が取り込まれ、成果を上げている。
 ☆ 京都市が策定した『生物多様性プラン』の趣旨を理解し、敷地内緑化や、希少植物の栽培、
   里山保全ボランティアなどに取り組んでいる。

2014年京都環境賞のチラシと応募用紙 PDF

2014.06.30

豊岡市の企業に朗報! KES取得でエコポイントが付与されます

 環境都市「豊岡エコバレー」の実現を目指している豊岡市は、平成27年3月まで、「豊岡エコポイント」制度を実施されています。

 企業エコポイントは、平成26年度末までがポイントの付与期間で、平成27年度末までポイントを使用できます。
 KESの新規登録も「企業エコポイント」の対象となっており、KES登録で10万点の企業エコポイントが付与されますので、ステップ1の場合、ほぼ全ての取得費用が賄えることになります。

 KESの構築から審査登録までは、別のページにも記載しているように、6-7ヶ月を要しますので、豊岡市の企業エコポイント制度を考慮して、KES登録を目指される企業様は、お急ぎください。

豊岡市さまの企業エコポイントのページはこちら

企業エコポイントのチラシはこちら PDF

企業エコポイント対象行動と付与ポイントの一覧表はこちら(KES登録はNo.2) PDF

2014.06.26

祇園祭ごみゼロ大作戦にKESもサポーター登録しました

祇園祭ごみゼロ大作戦にKESもサポーター登録しました 祇園祭の山場となる山鉾巡航前の宵山行事期間中は多くの夜店・屋台が四条烏丸を中心に広範囲で立ち並びます。

 しかし、来場者数に比例して課題となるのが廃棄物です。以前に比べ散乱ごみなどは減ったものの、使い捨て容器を始めとした可燃ごみの量は増える一方で、環境負荷が大きくかかっております。


 そこで、夜店や屋台の協力のもと、約60万食分の使い捨て食器をリユース食器に切り替える日本初であると同時に、世界初の試みを実施することになり、KESもサポーターとして、広報等に協力することになりました。

 京都議定書策定の地から本取組を発信することは、祇園祭の屋台文化を環境配慮型に変えるだけでなく、全国の祭や市民のライフスタイルを大きく変えるきっかけになると同時に、具体的な地球温暖化防止活動へとつながると考えていますので、KES登録企業様の多大なご協力をお願いします。

祇園祭ゴミゼロ大作戦のページはこちら

ボランティア(企業/個人)の募集もしています

寄付の募集はこちら


2014.06.19

KESエコロジカルネットワークに参加しましょう

KESエコロジカルネットワークに参加しましょう 最近環境問題の一環として"生物多様性"の取組みが全国的に広がっていますが、この京都の伝統的文化もこの"生物多様性"と密接に関わっています。例えば葵祭りと"フタバアオイ"、祇園祭と"チマキザサ"、五山の送り火と"アカマツ"等々。ところが近年の環境破壊や外来種等の混入などによりこれらの"フタバアオイ"、"チマキザサ"、"アカマツ"等々は「絶滅危惧種」になりつつあり、京都の伝統文化の継承が難しくなりつつあります。このように"生物多様性"は、単に文化の継承問題だけではなく、人間の安全で豊かな暮らしを支える基盤であることから、京都市では本年3月に「生物多様性プラン」を策定し、その取組みを推進されることになりました。

 KESにおきましても、京都市内で約1250件のKES審査登録企業のネットワークを活用し、この「生物多様性プラン」の取組みに協働していくことにしました。当面は、既に都会の中でのグリーン化の社会実験を推進されている京都駅ビル開発㈱様と、梅小路公園の「みどりの森」の区間の「緑の回廊ネットワーク」から活動をはじめ、京都市域全体に「エコロジカルネットワーク」を形成するプランを推進します。

 そこで、KESエコロジカルネットワークに関する説明会を開催することになりました。今回は手始めに、葵祭りに使用されるフタバアオイと、絶滅の危惧される秋の七草のひとつ藤袴を、賛同いただいたKES登録企業様に育てていただくことから、スタートしたいと考えています。
 この取組みに参加していただくと、これらの植物を育てることを環境改善目標の一つとしてカウントいただけます。

開催期日 2014年7月 4日(金) 13:30~16:30
開催場所 京都工業会館 京都市右京区西京極豆田町2番地 3F特別教室
プログラム
 13:30~13:40 挨拶 KES環境機構専務理事        津村昭夫
 13:40~14:20 都市における生物多様性(仮題)
           京都市緑化協会理事長         森本幸裕
 14:30~15:10 京都市生物多様性プランについて
           京都市環境政策局環境管理課長    辻 由起
 15:20~16:00 KES活動における生物多様性の取組みについて
           KES環境機構専務理事         津村昭夫
 16:00~16:30 質疑応答と今後の予定
           京のアジェンダ21フォーラム事務局長 井上和彦
参加費  無料

説明会の詳細と申込書はこちら PDF

2014.06.18

大阪・八尾でもKESリフレッシュセミナーを開催します

 KES協働機関の一つである、大阪KES環境機構(大阪府八尾市)では、『環境改善目標設定』の悩みや、『管理責任者や推進担当者の交代』により取り組みの硬直化を解消し、KESの取り組みの再構築を進め、より効果的な改善策を推進して戴く為、無料リフレシュセミナーを開催いたします。

昨年度は期末の3月の忙しい時期での開催でしたが、今年度は8月に開催を設定しましたので、多数のご参加をお待ちしています。

 ◆ 日時  :平成26年8月22日(金) 14:00~16:30
 ◆ 場所  :八尾市立リサイクルセンター 学習プラザ『めぐる』
                 八尾市曙町2丁目11番地 
 ◆ 定員  :15名(8月15日まで)
 ◆ 参加費 :無料

詳細と申し込み用紙はこちら PDF

2014.06.02

KESリフレッシュセミナを東京・茨城で開催します

KES協働機関の1つであるKES関東主催、KES環境機構共催で、KES登録事業者様を対象にした「KESリフレッシュセミナ」を、東京と茨城で開催します。
いずれも参加費無料で、省エネルギーセンターの専任講師による省エネ・節電のお話と、KESの目標設定についての解説を行いますので、KES登録事業者の方はふるってご参加ください。
また、これからKES登録を考えておられる事業者様にも参加いただけますので、まずはお申し込みください。

☆開催場所と日時
 東京会場 2014年7月25日(金)  定員 40名
      中央大学駿河台記念会館:東京都千代田区神田駿河台3-11-5
 茨城会場 2014年9月 3日(水)  定員 50名
      ひたちなか市商工会議所:茨城県ひたちなか市勝田中央14-8
☆ 受講料 : 無料

KES関東のリフレッシュセミナ ご案内と申し込み用紙 PDF

2014.05.30

第11回京都環境賞受賞者による取組事例発表会の開催について

KES環境機構も協賛しています「京都環境賞」のH25年度受賞者による取組発表会が、京都市主催で開催されます。多数ご参加ください。
以下、京都市からの広報
----------------------
 京都市では,持続可能な社会の仕組みづくりを目指し,そのモデルとなるような
「環境の保全活動」をされている,市民・事業者の皆様を「京都環境賞」として
表彰することにより,自主的な環境保全活動を広く推奨しています。
 この度,平成25年度に応募があり,優れた取組として選ばれた第11回京都環
境賞受賞者による取組事例発表会を,キャンパスプラザ京都において開催します。
 環境保全活動にご興味のある方,ぜひご参加ください。

■日時:平成26年6月20日(金)15:00~17:30

■会場:キャンパスプラザ京都 第4講義室
    (京都市下京区西洞院通塩小路下る)

■定員:70名

■参加費:無料

■申込方法:必要事項(氏名,所属名,連絡先)を明記の上,FAX又はE-mailでお申
  込みください。

 詳細はHPをご覧ください。 
 http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000166375.html

■問合せ先:京都市環境政策局環境企画部環境管理課
      TEL 075-222-3951 FAX 075-213-0922
      E-mail k-kyosei@city.kyoto.jp

京都環境賞の事例発表会詳細と申込書はこちら PDF

2014.05.21

京都市主催 KES導入講座開催のお知らせ

京都市主催のKES導入講座が開催されますので、KESに興味はあるが未取得の事業者様は、ぜひご参加ください。
また、登録事業者の方は、お知り合いの未登録事業者様に参加をお薦め下さい。

---京都市様のチラシより---
 京都市では、工場・事務所・店舗等をお持ちの事業者の皆様が、環境にやさしい取組を継続的、組織的に進めていただく環境マネジメントシステムの普及に力を入れています。環境マネジメントシステムの導入による省資源化や省エネルギーの取組が、経費節減や従業員の環境意識の向上等につながることも期待できます。
 このため、市内の事業者、特に中小企業の皆様を対象に、環境マネジメントシステムをまず知っていただくため、京都発祥で、取り組みやすく、全国規模で普及している「KES環境マネジメントシステム・スタンダード(KES)」の導入講座を開催します。
 KESの審査登録に向けた取り組み方法、構築の仕方を分かりやすく解説しますので、環境マネジメントシステムの取得を検討されている方のご参加をお待ちしています。


日 時:平成26年7月23日 13:30~17:00

会 場:キャンパスプラザ京都第4講義室

定 員:先着順 70名

受講料:1,000円

プログラム:
  1.グリーン購入とKES
  2.KES規格(ステップ1)
  3.構築の手順および環境影響評価
  4.環境マネジメントマニュアル
  5.審査登録ガイド
  6.質疑応答

申し込みは添付のチラシをご参照ください。

H26年KES導入講座開催のお知らせ PDF

2014.04.21

大阪府が建設工事の等級区分の主観点に「環境点」を追加し、KES登録も対象になります

大阪府では、平成27・28年度の建設工事競争入札参加資格審査から、等級区分(ランク付け)における 主観点項目として、これまでの地元点、福祉点に加え「環境点」として環境マネジメントシステムの取得を追加されることになり、KESもその1つとして認められます。
(ステップ1は2点、ステップ2は4点)

以下の様に説明会が開催されますので、ぜひ多数ご参加ください。
なお、添付チラシの裏面(P2)に記載されているように、説明会参加の申し込みは、大阪KES環境機構または大阪中央KESへお願いします。

環境点の説明(大阪府) PDF

説明会の案内と申込書 PDF

2014.04.15

[法改正情報] PCB特措法が一部改正されました

PCB廃棄物を保管されている事業所の方は、2013年度実績の届出(2014年6月30日期限)には、改正された新様式を使用する必要があります。ご注意ください。

●ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令(2014/2/28 官報号外第40号)

解説:PCB廃棄物の保管等の届出(毎年度6 月30 日までに届出)において、高圧トランス・コンデンサ等か微量PCB汚染廃電気機器等かの識別がつかない届出が少なくないことから、届出様式が一部変更された。
また、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』に基づくPCB廃棄物の処理の委託と『ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法』に定められているPCB廃棄物の譲受け・譲渡しの規制との法的な関係を明確化すべく、PCB廃棄物の無害化認定業者等への譲受け・譲渡しが認められることとなった。
施行期日:2014 年2 月28 日より施行

●届出様式「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管及び処分状況等届出書(保管事業者用)」「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管及び処分状況等届出書(処分業者用)」「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管事業場の変更届出書」「承継届出書」に、高圧トランス等の型式、高濃度か低濃度化の区分を記入する欄を追加。(規則 様式第1 号(1)、様式第1 号(2)、様式第2 号、様式第3 号)
①型式:高圧トランス等の銘板に記載されている型式を記入する
②区分:"高濃度"または"低濃度"のどちらかに○印をつける
(区分が判別できない場合は、参考事項欄に"区分不明"と記入することとなります)

●PCB廃棄物の譲受け・譲渡しを認める場合として、次のケースを追加。(規則 第8 条)
(PCB廃棄物の譲受け・譲渡しは、施行規則で定められているケースを除き禁止されています)
①無害化認定業者に譲り渡す場合
②無害化認定業者が譲り受ける場合
③特別管理産業廃棄物収集運搬業者、特別管理産業廃棄物処分業者に譲り渡す場合
④特別管理産業廃棄物収集運搬業者、特別管理産業廃棄物処分業者が譲り受ける場合

 

[KES登録ガイド][かんきょうレポート雛形][産業廃棄物処理業者用環境レポート雛形(EA21相互認証用)]をPDFファイルにてご覧いただけます。
>[審査登録ガイド・環境レポート]ページ PDF

 
PDF

KESって何?取得するにはどうしたらいいの?などなどKES取得について
事務所でKES主幹審査員がご相談に応じます。(要予約/無料)
連絡先:075-321-4767

 

ホーム